体験サービス提供の仲介等に関する契約

 株式会社Voyagin(以下「甲」という。)と、サービス提供者(以下「乙」という。)は、乙の行う体験サービスの提供につき、以下のとおり仲介契約を締結する。

(目的)

第1条 乙は、体験サービスを提供するにあたり、次条以下の定めにしたがい、甲にその体験サービス提供契約の仲介を委託し、甲はこれを受託した。

(仲介方法及び体験サービス提供契約の成立)

第2条 仲介の方法は、甲の運営するインターネット上の体験サービス予約サイト(以下「本件予約サイト」という。)への、体験サービス利用者(以下「利用者」という。)からの申し込みを、甲の指定する書式(以下「本件申込書式」という。)により、乙に通知し、その了承を得るものとする。

2 本件申込書式には、以下の事項を記載するものとする。

  • (1) 利用者の氏名
  • (2) 乙の提供する体験サービスの種類
  • (3) 乙が利用者に対して体験サービスを提供する年月日及び時間
  • (4) 体験サービス利用料 (お客様上代価格/消費税込)
  • (5) 乙が甲に対して支払う仲介手数料(消費税込)
  • (6) その他体験サービスの提供に関して必要な事項

3 甲が本件申込書式により、利用者からの申込内容を乙に通知し、乙が甲に対しその内容を了承する旨の通知をした時に、利用者と乙との間の体験サービス提供契約が成立するものとする。

4 乙は、通信事業者等の事故、災害、メンテナンス、バージョンアップなどの技術的利用その他甲の責めに帰すべからざる事由により、本件予約サイトの利用が不可能ないし困難となった場合、本仲介契約に基づく甲の仲介業務が中断する場合があることを、あらかじめ承諾する。

(体験サービス利用料及び仲介手数料の決定方法)

第3条 甲及び乙は、双方の合意により体験サービス利用料及び乙が甲に対して支払う仲介手数料を定める。ただし、甲の運営するインターネット上のサイト以外(以下「外部サイト」という。)に乙の提供する体験サービスの利用料が掲載されている場合、乙は甲の書面による同意がない限り、甲の運営するインターネット上のサイトの体験サービス利用料は、外部サイトの利用料と同等もしくはそれ以下に設定する。

(本件予約サイトに掲載する情報に関する権利)

第4条 乙は、甲に対し、本件予約サイトに掲載する情報として、乙のプロフィール情報や写真、体験サービス内容等(以下「本件プロフィール情報等」という。)を、甲が指定する方法にて提出するものとする。

2 乙は、甲に提出する本件プロフィール情報等が第三者の著作権を侵害しないことを保証する。

3 第1項に定める提出時から、本件プロフィール情報等の著作権その他一切の知的財産権は、甲及び乙の共有とする。

4 乙は甲の同意がない限り、本件予約サイトに掲載した本件プロフィール情報等については、本予約サイトにのみ掲載し、第三者には提供しないものとする。

5 甲は、乙が第1項に基づいて提出した本件プロフィール情報等を、必要に応じ変更して本件予約サイトに掲載することができるものとする。

(体験サービスの提供等)

第5条 乙は、利用者に対して、本件申込書式の内容に従い、体験サービスを提供するものとする。

2 体験サービス提供にかかる費用は、乙の負担とする。

3 乙は、乙の責任において、体験サービス提供の全部または一部を第三者(甲が指定する委託先も含む。)に委託することができる。ただし、乙は体験サービス提供を委託する場合、委託先の名称及び住所等委託先に関する情報を甲に報告するものとし、甲は乙に、書面によりその理由を通知することにより、当該第三者に対する委託の中止を請求することができる。

4 乙は前項の委託先との間で、委託にかかる業務を遂行させることについて、本契約に基づいて乙が甲に対して負担するのと同じ義務を委託先に負わせる契約を締結するものとする。

5 乙は、委託先の体験サービス提供について、自ら業務を遂行した場合と同様の責任を負うものとする。ただし、甲の指定した委託先の履行については、乙に故意または重大な過失がある場合を除き責任を負わないものとする。

6 乙が、利用者に対し本件申込書式記載の体験サービスを提供できないことが発覚した場合、直ちにこれを甲に報告しなければならない。

7 乙は、利用者に対する体験サービス提供に際し、利用者から苦情が発生した場合には、すみやかに、これを甲に報告しなければならない。

8 乙が、体験サービス提供に付随し、利用者に対して、各種チケットや物品の販売などの金銭的な取引を行う場合は、その内容を事前に甲へ報告しなければならない。

(潜脱行為等の禁止)

第6条 乙は,甲を介さず利用者との間で体験サービス提供契約を締結し体験サービス利用料を収受する等本契約の定めを潜脱する行為またはそれを斡旋する行為をしてはならない。

2 乙は,前項の定めに違反した場合,乙が利用者から得た金員の2倍相当額を甲の損害として,甲に賠償しなければならない。

(秘密保持)

第7条 乙は、本件申込書式記載の利用者の個人情報及び体験サービス提供にともなって取得した利用者及びその家族の個人情報(以下「本件個人情報等」という。)を、体験サービス提供以外の目的で使用してはならない。

2 乙は、本件個人情報等を、第三者に対して開示してはならないものとする。ただし、乙が第三者に体験サービスの提供を委託する場合の当該委託先を除く。

3 乙は、体験サービス提供を行うにあたり、関係法令及び甲所定のプライバシーポリシーを遵守の上、本件個人情報等を取扱うものとする。

4 甲及び乙は、本契約に関連して取得した相手方の業務上の秘密を、第三者に開示してはならないものとする。ただし、乙が第三者に体験サービスの提供を委託する場合の当該委託先を除く。

5 前項に定める秘密保持義務は、以下の場合には適用されないものとする。

  • 1. 乙による開示の以前に甲が所有していたもの
  • 2. 公知のもの、または甲の不履行によらずに公知になったもの
  • 3. 甲が第三者より適法に入手したもの

(損害賠償請求)

第8条 甲及び乙は、乙が行う体験サービスの提供及びその不履行に関して、利用者に生じた損害は、乙が賠償し、甲は一切の責任を負わないことを確認する。ただし、システム上のトラブル(インターネット基幹、甲または第三者のネットワークまたはサーバーに生じた障害の発生)による場合を除く。

2 乙の体験サービス提供に起因しまたは関連して、甲が利用者または第三者から苦情を受け、あるいは利用者または第三者から損害賠償を請求された場合には、乙は、甲が解決に要した費用の一切を賠償するものとする。

3 乙が、本件申込書式記載の体験サービスの提供を怠ったことにより、甲に生じた費用は、乙の負担とする。

(体験サービス利用料の代理受領等)

第9条 利用者は、体験サービス利用料を甲の定める方法により甲に対して支払い、甲はこれを代理受領した上、乙または乙の仲介者に支払う。

2 甲の乙に対する前項の支払いは、甲が別途同意した場合を除き、現地時間の毎月末日までに甲が受領した体験サービス利用料を、翌月末日限り、別途乙が指定した口座に振り込む。

3 第2項の支払いに際し、 甲は所定の仲介手数料を差し引いた金額を支払う。

4 前項の支払い通貨は日本円もしくは、アメリカドルで支払う。

5 乙は体験サービス利用料を日本円もしくは、アメリカドル以外で設定した場合、利用者が体験サービス利用料を支払った時点の為替市場の市場レートを参考に指定通貨に変換した後支払う。

6 前項の振込手数料は、乙の負担とする。

(契約期間)

第10条 本契約の有効期間は、本契約の成立から1年間とする。

2 期間満了3か月前までに、甲乙双方から何らの書面による申出のないときは、本契約は同一条件で、自動的に1か年延長されるものとし、以後も同様とする。

(解除)

第11条 甲及び乙は、相手方が次の各号の一に該当する場合は、何らの催告を行うことなく、直ちに本契約を解除し、かつ相手方に損害の賠償を請求できるものとする。

(1) 本契約の条項の一に違反し、当該違反に関する書面による催告の受領後30日以内にこれを是正しないとき。

(2) 差押、仮差押、仮処分、競売の申立若しくは租税滞納処分その他の公権力の処分を受け、又は破産手続、会社更生手続、民事再生手続、特別清算手続そのほかこれらに類する手続の申立がなされたとき。

(3) 自ら振出し若しくは引受けた手形又は小切手につき、不渡処分を受ける等支払停止または支払不能状態に至ったとき。

(4) 利用者に対し不適切または不相当な行為があったとき。

(5) 本件予約サイトその他甲が行う事業の信用を傷つけ、あるいは本件予約サイトの運営を妨害したとき。

(6) 乙の提供する体験サービスその他乙の行う事業の信用を傷つけ、あるいはその遂行を妨害したとき。

(7) 会社又はその代表者が刑事訴追された場合。

(準拠法及び専属的合意管轄)

第12条 本契約により、甲及び乙の間に権利義務に関する争いが生じた場合、日本法に準拠し、第一審の専属的合意裁判所は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所とする。

(協議事項)

第13条 本契約に定めのない事項が生じたとき、又は、本契約各条項の解釈につき疑義が生じたときは、本契約の趣旨にしたがい、甲乙協議の上決定する。

トップへ戻る