旅行者の声

  • Kou Kou

    デリーのスラムでの交流体験・学べる体験ツアー

    デリーのスラムでの交流体験・学べる体験ツアー 教えられた電話番号がつながらず不安でしたが、無事出会えツアー開始。
    ツアー自体はとても良かった!また行きたいです。

  • Marisa Marisa

    デリーのスラムでの交流体験・学べる体験ツアー

    デリーのスラムでの交流体験・学べる体験ツアー とても親切なホスト(団体代表)の方が団体やスラムの概要を説明してくださり、
    その後、スラムに精通していらっしゃる女性が案内してくださいました。
    様々な言語・文化で住み分けられたスラムのことを細部まで非常に分かりやすく説明していただき、たいへん満足し、かつ安心でした。
    スラムの中での様々な出会いもあるので、真のインドの一端に触れることができ、おすすめです。

    So nice hosts,they explained us in details about the people and life styles, their religions, languages, hometown, and so on. I really appreciate your help to get to know about the India and its slum. Many precious encounts were also there. Thank you so much.

  • Motohiro Motohiro

    「スラムドッグ&ミリオネア」の舞台を歩くスラム街探検ツアー

    「スラムドッグ&ミリオネア」の舞台を歩くスラム街探検ツアー 【ツアー体験日時】
    ・2013年8月30日 午前8時~

    【ツアー参加者】
    ・1名

    【使用言語】
    ・英語 (日本語は通じません)

    【送迎】
    ・集合場所はマヒームジャンクション(Mahim Junction)駅でしたが、送迎可能とのことで、
     メッセージで打ち合わせて、ツアー開始時間にホテルまで迎えに来てもらうことにしました。

    ・送迎車にはホストのファヒーム(Fahim)さんの添乗はないとのことだったので、
     念のためドライバーにホテル受付から呼んでもらう形にしました。

    ・送迎車はエアコン付き、500mlボトルのミネラルウォーターが2本備えられており頂戴しました。

    【ツアー内容】
    ・最初に駅近くの喫茶店でチャイを飲みながら説明を聞きます。

    ・ツアーでは、ダーラビ地区の中を工業区域を中心に徒歩で見学して回ります。
    ・見学先はヒンズー教寺院、樹脂のリサイクル工場、縫製工場、陶器工場、市場などです。
    ・工場では入口から眺めてファヒームさんから説明を聞きます。

    ・工場は平屋の小さな小屋が多く、全て作業中だったこともあり、
     それだけで全容がつかめました。

    ・とある縫製工場では工場長とファヒームさんが知り合いらしく、中に入れてもらいました。
     たまたま休憩時間にあたり工員さんが外に出たので特別に写真を撮らせてもらいました。
     また休憩中に工員さんに振舞われるチャイもいただきました。

    ・路面は舗装されておらずゴミが散乱しているところもあります。

    ・送迎を除くツアー時間は2時間程度でした。

    【イメージギャップ】
    ・「スラムドッグ・ミリオネア」では主人公が貧困の淵に立たされるため、そうしたイメージを
     持っていましたが、そこまで深刻ではありませんでした。

    (よく映画を見ると、主人公が貧困の淵に立たされるのは、ある事件がきっかけとなっており、
     それ以前は故郷のスラムで伸びやかに過ごし、それ以後は故郷から離れて窮状に陥ります。
     ダーラビ地区はその故郷のモデルとなっているようです。)

    【感想】
    ・近くに高層ビルが立ち並んでおり、開発が進んだ地区と進んでいない地区がモザイク状に
     なっている様子が窺えて印象的でした。
    ・参加人数が1人だったためファヒームさんといろいろ話せたのがよかったです。

  • Hiroshi Hiroshi

    カルカッタ 文化の万華鏡ツアー

    カルカッタ 文化の万華鏡ツアー ゴールデンウィークの休みを利用してインドはコルカタ、というより昔の名前でカルカッタに来て、Manjit Singhさんの「カルカッタ 文化の万華鏡ツアー」に参加しました。
    インドの旅行シーズンではなく、とても暑い時期でしたが、事前に連絡を取り合う中、暑さを避けるため早朝出発を勧められ、6時集合となりました。待ち合わせ場所なども事前に連絡がありスムーズに出発できました。
    今回はラッキーなことに参加者は、わたし1人だけということで、ガイドのManjitさんと私の2人でカルカッタの町を早朝から歩き回って見学しました。
    Manjitさんはシーク教徒だそうですが、ヒンドゥー教徒、仏教徒、キリスト教徒、ユダヤ教、ゾロアスター教など様々な宗教の人が平和的に共存して住んでいるカルカッタは本当に文化の万華鏡みたいです。Manjitさんのおかげで普段では入れないようなシナゴーグの中にも入って写真まで取れました。
    治安の理由かどうかは分からないけど、カルカッタは至る所が写真禁止でガイドの指示を受けながらも、ふんだんに写真を撮れるこのツアーは有意義でした。
    Manjitさんは本当に博学で、質問には的確に回答してもらい非常に理解が進みました。
    カルカッタは貧しい人も多いけど、それでもみんなたくましく生きてる人間の強さを感じる場所でした。

  • Tim Tim

    Religion in Kolkata: Temples, Churches & Mosques

    Religion in Kolkata: Temples, Churches & Mosques Preeti’s tour of Kolkata’s religious landmarks was 5 out of 5! I’m in town for only 1 day, and this was one of the best ways to experience the city and its culture. Preeti met me at my hotel and gave a run-down of where we’d be going and what we’d be seeing. Along the way we used the metro, a local bus, Uber, an autorickshaw, and we walked, always making sure that I’d be comfortable using all these forms of transport. We stopped for lunch at an amazing local eatery. And Preeti was even kind enough to amend the itinerary to add in a location that wasn’t on the original plan.
    Ending the day at the Jain Temples was the perfect end to the tour, as this is where Preeti prays and performs rituals of her religion, which she welcomes you to join.
    After catching an Uber back to the hotel, Preeti called reception to ensure I made it back ok.
    At the end of the day, I felt like I had taken a tour lead by a good friend rather than a traditional tour guide. Thank you Preeti!

インドの体験をもっと見る

インド

世界第2位の12億人を超える インドの多様性は人々を夢中にさせます。北部のヒマラヤは冒険家達をロマンであり、人種のるつぼである州都のデリー、インドの聖なるガンジス川とヤムナ川 、ラージャスターン州の砂漠の中にあるカラフルな砦や宮殿、西部には活気に満ちた都市ムンバイ、ビジネスの中心地であるグジャラート州、ゴアのリラックスしたビーチにも旅心を誘われます。南部はインドIT産業の中心都市なだけでなく、歴史的な寺院や、美しいビーチが有名です。西部に位置するコルタカは英領インド時代の古都であり、豊富な鉱山、寺院と世界中で愛されているアッサムとダージリンの茶園があります。豪華なホテルに滞在したり、ムンバイの中心部にあるスラム街でボランティアをしてみたり、仏陀の生誕地を訪れたり、聖地巡礼の体験や白い水しぶきを上げて大自然の中でのラフティング、リラックスをしながらヨガを習ったり、リキシャに乗って、2週間でインドを駆け抜けるレースに参加してみたり、インドはあまりにも広大で、すべての体験をするには一度の旅ではとても時間が足りません。


トップへ戻る