楊三郎博物館 (チケット&お食事付き)

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 9411
オフィシャルパートナー
loading
ホーム台北市の観光スポット

「楊三郎美術館」はMRT頂溪駅2番出口から徒歩約5分、緑に囲まれた永和の博愛街にあります。 1907年生まれの楊三郎は台湾の西洋画家の代表的な人物で、台湾美術運動を推し進めた主要な芸術家のひとりです。 日本、フランスを留学した楊三郎はフランス印象派の影響を受け、光と影を繊細な筆使いで描き、その作品からは陽だまりのようポカポカした暖かさが感じられます。 美術館1階~5階には楊三郎の作品が数多く展示されているので、心ゆくまで鑑賞した後は美術館のカフェで台湾料理のランチをお楽しみください。

ハイライト

  • 台湾洋画界第一人者ー楊三郎先生の絵が楽しめる!
  • ランチは美術館のカフェで台湾料理をご堪能いただけます
  • MRT中和新蘆線「頂溪駅」出口2徒歩5分とアクセス旅行
  • 館内は日本語説明もあるので、安心です!
異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.