沖縄戦跡巡り

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 269
販売停止中
loading
ホーム沖縄の観光スポット

太平洋戦争末期の1945年に沖縄では激しい地上戦が行われました。 その戦いで、敵味方合わせて、実に約20万人の命が奪われたと言われています。 戦争の時に防空壕や仮設病院などとして使用された場所は今でも沖縄にその姿を残し、 現在では平和のシンボルして国内外問わず、多くの観光客が訪れます。 この体験ではそれらの戦跡を英語の解説とともに現地の人間と一緒にまわることができます。 (まわることのできるスポット) - 旧海軍司令部壕 戦争を肌で感じ、学ぶ場として整地した壕は多くの人々が訪れます。 - ひめゆりの塔 戦争で傷ついた人々を看護していたひめゆり学徒隊(従軍看護婦)が避難したこの地でガス弾により犠牲になった。その彼女らの慰霊の塔です。 - 平和祈念公園 沖縄戦の犠牲者を刻んだ記念碑「平和の礎」がある場所 - 喜屋武岬 沖縄本島の最南端に位置する場所。沖縄戦の最期、米軍に追いつめられた住民や兵士は、ここで行き場を失い、この断崖から次々と身を投げた。 この体験でぜひ沖縄の長い歴史の中の1ページを見て、聴いて、感じて、学んでみてください。

太平洋戦争末期の1945年に沖縄では激しい地上戦が行われました。 その戦いで、敵味方合わせて、実に約20万人の命が奪われたと言われています。 戦争の時に防空壕や仮設病院などとして使用された場所は今でも沖縄にその姿を残し、 現在では平和のシンボルして国内外問わず、多くの観光客が訪れます。 この体験ではそれらの戦跡を英語の解説とともに現地の人間と一緒にまわることができます。 (まわることのできるスポット) - 旧海軍司令部壕 戦争を肌で感じ、学ぶ場として整地した壕は多くの人々が訪れます。 - ひめゆりの塔 戦争で傷ついた人々を看護していたひめゆり学徒隊(従軍看護婦)が避難したこの地でガス弾により犠牲になった。その彼女らの慰霊の塔です。 - 平和祈念公園 沖縄戦の犠牲者を刻んだ記念碑「平和の礎」がある場所 - 喜屋武岬 沖縄本島の最南端に位置する場所。沖縄戦の最期、米軍に追いつめられた住民や兵士は、ここで行き場を失い、この断崖から次々と身を投げた。 この体験でぜひ沖縄の長い歴史の中の1ページを見て、聴いて、感じて、学んでみてください。

体験の詳細を表示
異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.