Jodie O'Shea孤児院の素敵な子どもたちを支援する

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 1097
販売停止中
loading
ホームバリの観光スポット

(この体験はNPOが主催しています。記載されている価格の100%が寄付されます。) Jodie O'Sheaとの懐かしくも、色あせない思い出の数々。 彼女は2002年10月21日、バリ島で起きた恐ろしい爆弾テロにより命を落としてしまった若いオーストラリア人女性でした。彼女の両親からの賛成もあって、彼女の記憶は今もなお可愛い子供たちの中に生き続けており、その悲劇を忘れさせないことが本当の優しさや人間らしさ、生きる喜びや楽しさの教えとなっています。 私たちの孤児院は現在、69人の子どもたちと一緒に暮らしています。私たちはそんな家族のために、健康的で、愛情に溢れた、安全な環境を提供することを念頭において、少人数のチーム体制を敷いています。私たちの孤児院では資金援助は一切受けておらず、寄付を通じて世界中の人からの優しさに頼っています。また、私たちは子どもたち1人ひとりにスポンサーがつくようなスポンサーシッププログラムも持っています。 私は教育こそがよりよい未来へと繋がる鍵となることを確信していますし、皆さんにも同意してもらえると信じています。私たちの子どもは全員はローカルスクールに通っており、私たちが目指すのは彼らが自信を持った大人になって働けるようになることです。そのために教育面からの支援を続けること私たちの義務であると考えています。 Jodie O'Sheaの孤児院を訪問していただき、子どもたちと一緒に特別な時間を過ごしていただきたいと考えております。お越しの際には、事前に連絡を頂ければ幸いです。 子どもたちと一緒に特別な時間を過ごしてみませんか!

(この体験はNPOが主催しています。記載されている価格の100%が寄付されます。) Jodie O'Sheaとの懐かしくも、色あせない思い出の数々。 彼女は2002年10月21日、バリ島で起きた恐ろしい爆弾テロにより命を落としてしまった若いオーストラリア人女性でした。彼女の両親からの賛成もあって、彼女の記憶は今もなお可愛い子供たちの中に生き続けており、その悲劇を忘れさせないことが本当の優しさや人間らしさ、生きる喜びや楽しさの教えとなっています。 私たちの孤児院は現在、69人の子どもたちと一緒に暮らしています。私たちはそんな家族のために、健康的で、愛情に溢れた、安全な環境を提供することを念頭において、少人数のチーム体制を敷いています。私たちの孤児院では資金援助は一切受けておらず、寄付を通じて世界中の人からの優しさに頼っています。また、私たちは子どもたち1人ひとりにスポンサーがつくようなスポンサーシッププログラムも持っています。 私は教育こそがよりよい未来へと繋がる鍵となることを確信していますし、皆さんにも同意してもらえると信じています。私たちの子どもは全員はローカルスクールに通っており、私たちが目指すのは彼らが自信を持った大人になって働けるようになることです。そのために教育面からの支援を続けること私たちの義務であると考えています。 Jodie O'Sheaの孤児院を訪問していただき、子どもたちと一緒に特別な時間を過ごしていただきたいと考えております。お越しの際には、事前に連絡を頂ければ幸いです。 子どもたちと一緒に特別な時間を過ごしてみませんか!

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.