バリ島の最高を見る

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 1105
loading
ホームバリの観光スポット

多くのゲストが観光スポットを見にバリに来ている間、それらはバリ式の生活を体験する機会がありません。私が作成したこの特別な日程は、両方を組み合わせたMunduktemuで、地元の家族と一緒に一晩滞在して私の故郷への旅であなたに日々のバリの生活を覗き見る事が出来るようになっており、私たちの美しい島には多くの重要なランドマークがありますのでそこで休憩します。 最初に、この世界的に有名な巡礼寺院のタナロットに移動します。この寺院は、大規模な沖合の岩の上に位置しており、何世紀にもわたってバリの神話の一部となっています。それから、道路の両側に水田のその見事な眺めで有名なタバナンリージェンシーにおけるKerambitanの村をドライブします。 約時間のドライブの後、まず私たちは地元住民のように楽しんで異なる料理を見ることができる地元のレストランのいずれかで昼食をとり、静かなサンダ村にて停車します。次に、私の故郷Munduktemuに向かう途中で、美しい棚田を見にPupuanへ向かいます。主要道路からは、Salakフルーツの自営農場、またはヘビフルーツファームへゆっくりと1キロの散歩をします。このユニークな果物はリンゴやオレンジなどアメリカ人ためにあるように、私たちにも一般的である米国のストロベリーサイズのイチジク形をしていて、果物は鮮やかな、ナッツの茶色でスケールに包まれております。salaksの山は、数え切れないほど地元の市場を毎日往復し、ここでは、彼らを育てる方法を見る事が出来ます。 夕方、あなたがバリの家族と一緒に生活を体験することができる地元のゲストハウスに宿泊が可能なタバナンリージェンシーにおいてPupuanという別のリラックスした村に行くことができます。 翌日私たちはバリ島の華やかな双子の山のBuyan湖とTamblinganと同様にバリ島で有名な "湖の寺院“を誇るブラタン湖、で最も高い滝を見ることができ、Munduk経由してホテルへPupuanから車で戻ります。ー プル ウルンダヌ ブラタン。私たちの最後の休憩所はJatiluwihで、アジア最大の水田を構成する美しい輪郭のテラスを誇るユネスコの世界遺産になります。

多くのゲストが観光スポットを見にバリに来ている間、それらはバリ式の生活を体験する機会がありません。私が作成したこの特別な日程は、両方を組み合わせたMunduktemuで、地元の家族と一緒に一晩滞在して私の故郷への旅であなたに日々のバリの生活を覗き見る事が出来るようになっており、私たちの美しい島には多くの重要なランドマークがありますのでそこで休憩します。 最初に、この世界的に有名な巡礼寺院のタナロットに移動します。この寺院は、大規模な沖合の岩の上に位置しており、何世紀にもわたってバリの神話の一部となっています。それから、道路の両側に水田のその見事な眺めで有名なタバナンリージェンシーにおけるKerambitanの村をドライブします。 約時間のドライブの後、まず私たちは地元住民のように楽しんで異なる料理を見ることができる地元のレストランのいずれかで昼食をとり、静かなサンダ村にて停車します。次に、私の故郷Munduktemuに向かう途中で、美しい棚田を見にPupuanへ向かいます。主要道路からは、Salakフルーツの自営農場、またはヘビフルーツファームへゆっくりと1キロの散歩をします。このユニークな果物はリンゴやオレンジなどアメリカ人ためにあるように、私たちにも一般的である米国のストロベリーサイズのイチジク形をしていて、果物は鮮やかな、ナッツの茶色でスケールに包まれております。salaksの山は、数え切れないほど地元の市場を毎日往復し、ここでは、彼らを育てる方法を見る事が出来ます。 夕方、あなたがバリの家族と一緒に生活を体験することができる地元のゲストハウスに宿泊が可能なタバナンリージェンシーにおいてPupuanという別のリラックスした村に行くことができます。 翌日私たちはバリ島の華やかな双子の山のBuyan湖とTamblinganと同様にバリ島で有名な "湖の寺院“を誇るブラタン湖、で最も高い滝を見ることができ、Munduk経由してホテルへPupuanから車で戻ります。ー プル ウルンダヌ ブラタン。私たちの最後の休憩所はJatiluwihで、アジア最大の水田を構成する美しい輪郭のテラスを誇るユネスコの世界遺産になります。

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.