バリでロンタール織を体験

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 424
loading
ホームバリの観光スポット

織物はインドネシア、特にバリでは最もポピュラーな工芸です。敷物や服やその他の生活用品を絹やパイナップル、ヤシの木、ロンタール(しゅろヤシ)などの植物繊維から機織り機で織あげるという伝統的な手法です。インドネシアでの織物の歴史は何百年にもさかのぼりますが、ロンタール織は最もポピュラーな織物です。ロンタールはアフリカ、アジア、ニューギニアなどの熱帯が原産の脊の高いヤシの一種です。 バリには多くのロンタール織のワークショップが開催されていますが、WS Artstudioでの織物ワークショップは最も知られています。ここでは織物講師が、ワークショップを通じて、アート好きの人々をサポートしながらお教えしています。 ワークショップでは、インドネシアのさまざまな織物、Ikat、Tapis(タペストリー)などを学びます。 Tapisはインドネシア、Lumpungの織物で、その名前はタペストリーとして一般的な織物の名前にもなっています。Tapis織の特徴は、植物染料で染められた布地に巧みに刺繍をほどこし、ねじれをかけた金糸を合わせるというものです。 Ikatはインドネシアの染色と織の技術で、ろうけつ染めのパターンにも使われており、織物においてパターンがはっきり見えることが特徴です。Ikat織ではパターンをはっきりと出すために、織手はとても注意深くゆっくりと織ることも多いです。 ロンタール織はインドネシアでは最も需要があり、工業製品としても販売されています。インドネシアの工芸職人の手によって生み出されたロンタール織のすばらしさを、このコースでぜひご覧になってください。

織物はインドネシア、特にバリでは最もポピュラーな工芸です。敷物や服やその他の生活用品を絹やパイナップル、ヤシの木、ロンタール(しゅろヤシ)などの植物繊維から機織り機で織あげるという伝統的な手法です。インドネシアでの織物の歴史は何百年にもさかのぼりますが、ロンタール織は最もポピュラーな織物です。ロンタールはアフリカ、アジア、ニューギニアなどの熱帯が原産の脊の高いヤシの一種です。 バリには多くのロンタール織のワークショップが開催されていますが、WS Artstudioでの織物ワークショップは最も知られています。ここでは織物講師が、ワークショップを通じて、アート好きの人々をサポートしながらお教えしています。 ワークショップでは、インドネシアのさまざまな織物、Ikat、Tapis(タペストリー)などを学びます。 Tapisはインドネシア、Lumpungの織物で、その名前はタペストリーとして一般的な織物の名前にもなっています。Tapis織の特徴は、植物染料で染められた布地に巧みに刺繍をほどこし、ねじれをかけた金糸を合わせるというものです。 Ikatはインドネシアの染色と織の技術で、ろうけつ染めのパターンにも使われており、織物においてパターンがはっきり見えることが特徴です。Ikat織ではパターンをはっきりと出すために、織手はとても注意深くゆっくりと織ることも多いです。 ロンタール織はインドネシアでは最も需要があり、工業製品としても販売されています。インドネシアの工芸職人の手によって生み出されたロンタール織のすばらしさを、このコースでぜひご覧になってください。

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.