loading
ホームバリの観光スポット

フリーダイビング講習&沈没船の米軍リバティー号へダイブ(バリ)

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア

詳細

フリーダイビングは海を楽しめる、エキサイティングでやりがいのあるスポーツで、世界中で愛好家が増えています。 フリーダイビングとは、スキューバ(呼吸器具)を使わずに息を止め、リラックスした状態で海中に深く潜行していくというダイビングスタイルです。 バリには比較的浅い海底の海中生物が豊かで、沈船などを楽しめるスポットもあるので、フリーダイビングを楽しむのに最適の環境です。 <トゥランベンと沈船 米国陸軍輸送船リバティー号について> 第二次世界大戦中、米国陸軍の輸送船リバティー号はオーストラリアからフィリピンへ向かう途中、日本軍により撃沈されました。米軍がリバティー号を修理のためにノース・ショアへけん引することを試みましたが、あまりに多くの水が入っていたたために、トゥランベンで積み荷を救済するために浜へ引き上げられました。 20年以上後、スカルノ大統領はバリのヒンズー教儀式で最も重要なもののひとつ、Eka Dasa Rudra(100年に一度の儀式)を早く執り行うよう命じました。そしてアグン山が鳴動し始めたことから、それを聖職者は誤った年を選択したために神からの凶兆だと告げました。 1963年にアグン山は噴火し、その爆発による震動でリバティー号は海岸から浜の砂の斜面へと滑り落ち、30から100フィートの深度に沈み、バリで最も美しい沈船スポットとなったのです。 今では、リバティー号はソフトコーラルや熱帯魚の住処となっており、最高のダイビングスポットとなっています。 <このコースについて> このコース受講によって、SSIフリーダイビングインターナショナルのレベル1資格を取得できます。この資格によって、国際的に認められたフリーダイバーの第一歩となります。 その後、沈船リバティー号スポットへフリーダイビングに行きます。ここは海洋生物を楽しめ、カレントもなく、船の中を泳ぎ進むすばらしいスポットです! コースの概要 1日目 8:00から18:00 2つの理論講習(4時間) ヨガセッション(2時間) 水中実習(2時間) 2日目 8:00から18:00(天気による変更あり) ストレッチ・セッション(30分) 2回の海洋実習(4時間) 試験(1時間) 3日目 午前:リバティ号でフリーダイビング <フリーダイビングとヨガを一緒にすることの利点について> 1.健康的でリラックスしたライフスタイル フリーダイビングは肉体修練としても優れ、ジムに通わなくても柔軟性と健康な体をつくります。ヨガとフリーダイビングを一緒に行うことは、ストレスマネジメントに重点を置いているので、日常生活におけるストレスマネジメントやリラクゼーションにも役立つというわけです。 2.楽しみながら安全に フリーダイビングはきちんとしたレッスン法のあるプログラムとして、非常に安全であり、休日のレジャー体験として楽しめるようなスポーツです。徐々に自信をつけていくために、いきなり海からではなく、プールを使ったレッスンを行い、とヨガも併用しながら独自のプログラムとなっています。 3.費用が安い スキューバダイビングと比較すると、フリーダイビングにかかる費用は微々たるものです。フリーダイビングにはほとんど装備も必要なく、一度教わればずっと使えるテクニックを得られると考えれば、とてもお得だといえます。 4.どこでも練習できる フリーダイビングは遊びに来ている間だけではなく、国に帰って日頃の生活の中でも、どこでも練習ができるというものです。とはいうものの、せっかくバリにいらしているわけですから、サヌールにある最新式・エアコン付の施設にて、また実地練習ではバリの最高のフリーダイビングスポットで練習をします。 5.誰でもできる フリーダイビングは家族で楽しめる、競争的でないスポーツです。14歳以上で健康ならだれでもSSIフリーダイビングコースを受講することができます。Fusionは多言語対応で、英語、イタリア語、ドイツ語とスペイン語で受講できます。

フリーダイビングは海を楽しめる、エキサイティングでやりがいのあるスポーツで、世界中で愛好家が増えています。 フリーダイビングとは、スキューバ(呼吸器具)を使わずに息を止め、リラックスした状態で海中に深く潜行していくというダイビングスタイルです。 バリには比較的浅い海底の海中生物が豊かで、沈船などを楽しめるスポットもあるので、フリーダイビングを楽しむのに最適の環境です。 <トゥランベンと沈船 米国陸軍輸送船リバティー号について> 第二次世界大戦中、米国陸軍の輸送船リバティー号はオーストラリアからフィリピンへ向かう途中、日本軍により撃沈されました。米軍がリバティー号を修理のためにノース・ショアへけん引することを試みましたが、あまりに多くの水が入っていたたために、トゥランベンで積み荷を救済するために浜へ引き上げられました。 20年以上後、スカルノ大統領はバリのヒンズー教儀式で最も重要なもののひとつ、Eka Dasa Rudra(100年に一度の儀式)を早く執り行うよう命じました。そしてアグン山が鳴動し始めたことから、それを聖職者は誤った年を選択したために神からの凶兆だと告げました。 1963年にアグン山は噴火し、その爆発による震動でリバティー号は海岸から浜の砂の斜面へと滑り落ち、30から100フィートの深度に沈み、バリで最も美しい沈船スポットとなったのです。 今では、リバティー号はソフトコーラルや熱帯魚の住処となっており、最高のダイビングスポットとなっています。 <このコースについて> このコース受講によって、SSIフリーダイビングインターナショナルのレベル1資格を取得できます。この資格によって、国際的に認められたフリーダイバーの第一歩となります。 その後、沈船リバティー号スポットへフリーダイビングに行きます。ここは海洋生物を楽しめ、カレントもなく、船の中を泳ぎ進むすばらしいスポットです! コースの概要 1日目 8:00から18:00 2つの理論講習(4時間) ヨガセッション(2時間) 水中実習(2時間) 2日目 8:00から18:00(天気による変更あり) ストレッチ・セッション(30分) 2回の海洋実習(4時間) 試験(1時間) 3日目 午前:リバティ号でフリーダイビング <フリーダイビングとヨガを一緒にすることの利点について> 1.健康的でリラックスしたライフスタイル フリーダイビングは肉体修練としても優れ、ジムに通わなくても柔軟性と健康な体をつくります。ヨガとフリーダイビングを一緒に行うことは、ストレスマネジメントに重点を置いているので、日常生活におけるストレスマネジメントやリラクゼーションにも役立つというわけです。 2.楽しみながら安全に フリーダイビングはきちんとしたレッスン法のあるプログラムとして、非常に安全であり、休日のレジャー体験として楽しめるようなスポーツです。徐々に自信をつけていくために、いきなり海からではなく、プールを使ったレッスンを行い、とヨガも併用しながら独自のプログラムとなっています。 3.費用が安い スキューバダイビングと比較すると、フリーダイビングにかかる費用は微々たるものです。フリーダイビングにはほとんど装備も必要なく、一度教わればずっと使えるテクニックを得られると考えれば、とてもお得だといえます。 4.どこでも練習できる フリーダイビングは遊びに来ている間だけではなく、国に帰って日頃の生活の中でも、どこでも練習ができるというものです。とはいうものの、せっかくバリにいらしているわけですから、サヌールにある最新式・エアコン付の施設にて、また実地練習ではバリの最高のフリーダイビングスポットで練習をします。 5.誰でもできる フリーダイビングは家族で楽しめる、競争的でないスポーツです。14歳以上で健康ならだれでもSSIフリーダイビングコースを受講することができます。Fusionは多言語対応で、英語、イタリア語、ドイツ語とスペイン語で受講できます。

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.