loading
ホームバリの観光スポット

インドネシアの大火山を旅する

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア

詳細

あなたはナショナルジオグラフィックやローカル地形を知ることが大好き地質好きのファンとして、私たちがバリ島とJavaの両方で最も素晴らしい火山を探検しに行くこの素晴らしい旅をお楽しみいただけます。 - 1日目:デンパサール空港に到着 - あなたのホテルへの送迎 あなたはデンパサールのバリから空港にやっと到着しました。私たちのチームのメンバーがあなたを出迎え、あなたのホテルまで送迎いたします。このドライブの間に私たちが最高の条件であなたの旅を始めることが出来るようにするために、あなたに重要な情報を提供していきます。 夜はサヌールにて - 2日目:サヌール:自由行動(ガイドや運転手無し) バリでのあなたの最初のステップのためにこの日楽しんで、この先の旅のために準備をしてください。ホテルや自分の周りには、熟考に適しており、散歩、バリでの初めての出会いを楽しみに時間をかけてください。必要であれば、お金を換金して、地元の食材の最初の味を楽しんで下さい。 夜はサヌールにて - 3日目/ SANUR - ジャ:タナロット、 Perancakの造船所 ドライバー - ガイド付 Javaにバリから渡る日です... 私たちはバリの中で最も有名な寺院の一つでもあるクディリの町へ連れて行きます - プラタナロットを。この寺院は16世紀に建てられ、バリで最も重要な寺院の一つです。海の精霊に捧げ、それは特別に岩の上に位置されていて、唯一の低いtide.The伝説でアクセスロッキーの海岸での数々のウミヘビが、悪魔に対する寺院を保護する方法を教えてくれます。 私たちの第二の休憩地は、伝統的なボートのワークショップを訪問し、数キロはなれたネガラからPerancak の村になります。17世紀、これらの船は、オランダ人の海賊版ブギス、スラウェシによって使用されました。私たちは、 Javaへのフェリーに乗り、Gilimanukへ向かいます。 夜はケタパンにて - 4日目は/ JAVA : Kawahイジェンへの登山 ドライバー - ガイド付 私たちは、イジェン川の2386メートルを登る為に(午前4時前後)早朝にホテルを出発します。忘れられない景色と非常に困難が立ち向かいますが、登っていきます!ほとんどが地獄の口のような火山のクレーターです。これは世界で最も酸性湖であるため、湖の透明な水にだまされてはいけません。火口を埋める硫黄の蒸気が連続的に逃げて空気の臭いを作っています。 ここで硫黄ポーターは一日中動作し続けます。彼らは奈落の底に降りて自分の背面にある百キロのブロックを戻していきます。この作業はタイタニック号を引き上げる事に匹敵する過酷さがあります。そして、とても安全とは言えない状況です。それにもかかわらず、これらの労働者の顔に永久的な笑顔...忘れられない出会いを見ることができます! 午後には、ブロモ、寺院、火山湖、国立公園や、海抜1700メートルの農地上昇美しい風景が豊富な地域にむけて移動します。 夜はブロモにて 5日目 / JAVA :ブロモ山への登山 ドライバー - ガイド付 楽しいハイキングはブロモ山( 2 329メートル)で、今日私たちを待っています。 朝の3時に起きて、午前4時30分に私たちはブロモ火山の山頂で日の出を見るために午前3時30分にはPenjakan火山の頂上に到達し、4×4で登ります(非常に寒いので気をつけてください)。約6時頃、4x4でブロモ山のふもとまで下山します。ここでは、クレーターの内側に自分自身を見つけ、ポニー/馬の背面にある火山( 2 700メートル)のカルデラへの登頂を始めます。登頂中、ほぼ月の上を歩くように感じるところの風景は、幻想的です。硫黄のにおいが厚い白煙が、クレーターをエスケープします。その後、バリに戻るために、数時間の道のりを進みます。私たちはMundukで夜を過ごします。村は、クローブ農園で有名な所です。 夜はMundukにて 6日目 / MUNDUK :プラウルンダヌ - Jatiluwihの水田 ドライバー 、ガイド付 私たちは、ウルンダヌ寺を探索から一日を始めます。この湖畔の寺院は、ダヌに捧げられて、この湖畔の寺院は、ダヌに捧げられており、バリ島の水の湖畔、主権の女神にこの島を肥沃にするアグン山の神と彼女自身を同盟しています。彼らは、女神Danuが神Wisnu、宇宙の保護者の徴候であると言いう言い伝えがあります。 寺院はとても壮大でそれは、それは直接Beratan湖を進むため、巨大なバンヤンの木の中心部は素晴らしい花園に囲まれています(神木、イチジク科の一部)。また、この寺院であなたはバリの魔法を体験し、そこで、宗教が静かに交差します。ちょうど数メートル離れた寺院から、ブッダの像で飾られている好奇心の強い石の仏舎利塔を眺めることができます。 地元の市場の後、Jatiluwihの田んぼに向かいます。その美しさのためだけでなく、農家やすべての宗教的·文化的な儀式のためだけでなく、この水田は、その印象的な棚田で有名で、ユネスコ世界遺産リストにもJatiluwihに乗っています。私たちは、バリ島ウブドの文化の首都での一日を終わります。 夜はウブドにて 7 日目/ウブド:スパ、ショッピングや博物館の自由行動 ドライバー - ガイドなし 東洋と西洋(東と西)との間でのミーティングポイントとしてウブドの運命は、おそらく、ジャワの司祭、RsiのMarkendyaによって密封されました。伝説によると、聖人は瞑想するためにウブドのそばのCampuhanに彼を定住させました。世紀以上にわたりエメラルドの美しさと肥沃な丘はウブドへの王子や芸術家を集めました。 1930年代の王子Tjokordaグデ·アグンスカワティはウォルタースパイやルドルフボンネットのようなアーティストのために彼の宮殿を開きました。世界各国から他のアーティストが芸術的なバリの伝統とのビジョンの技術を組み合わせてやってきて、ウブドは創造で有名な中心地となりました。 これは、バリ文化の資本を発見するために、あなたの一日が自由行動になっています。あなたは、数え切れないほどの美術館やアートギャラリー、有名な温泉やアート市場を訪問することができます。この日は、この街の独特の雰囲気の中に身をおいてみてください。 夜はウブドにて 8日目 /ウブド:市内、 Kertaのgosaとゴアラワを訪問 私たちは、その無数の美術館、アートギャラリーやアーティストバーが世界的に知られるウブドの探索から始まります。私たちの最初の休憩は、ジュリア·ロバーツが映画「食べて、祈って、恋をして」のアートマーケットです。我々はKertaのgosa 、その天井画とKlungkungにおける正義の宮殿への訪問と芸術的な旅を続けています。私たちは、プラゴアラワようなバリにとって重要寺院に立寄り、感激してこの日終わりにします... 最後に、Sidemenへと進み、その小さな農村は広大なアグン山の下部に田に囲まれています。 夜はSidemenにて 9 日目/ Sidemen: Mont Agung登山 本当に朝早く起きて(午前1時)、はあなたの旅行 ― アグン山の登攀 ― で最も身体的につらい旅に出発します。海抜3 142mの高さで、アグン山はバリにあり、オリンパスはギリシャ、神の領域、に達しています。ここでクリシュナを待ち、Visnuおよび生まれ変わりそれらの円を完成バリのためシヴァを待ちます。それは、島の中で最も神聖な場所であります。伝説にでは、山は実際に神々がバリを作るために釣ったゴールデンフィッシュの目であるとされています。火山の両サイドからあなたはプラ·ブサキ、周りに千メートルのバリ島の母寺を見つけることができますーバリ人はこの寺より上で生まれる事も、死ぬ事もしてはならない….. 登山7時間後、壮大な景色があなたをお待ちしております。あなたは太陽の日の出を目撃...一緒にジャワのピークとロンボク島の海岸で、闇が徐々に移動し、島全体が明るくなっていきます... このすばらしい景色のあと、私たちは残りの当然の日が待っているアメッドの小さな漁師村に行きます! 夜はアメッドにて 10日目 / アメッド :自由行動、ダイブの入門(オプション) ガイドなし - ドライバなし - ダイビングガイド付き(オプション) 自分のペースでこの日を楽しみ、アメッドの黒い砂浜でくつろぐことができます。あなたは、シュノーケル、バリ式マッサージを試す、あるいは地元の人々と釣りに行くことができます。バリの水中世界を探検したい人のために、我々はトランベンでの体験ダイビングをオプションにてご用意しています。 トランベンの海岸から数十メートル海中には「 USATリバティ」という 、バリ島とロンボク島の間の海峡に日本の潜水艦による魚雷をうけた140メートルのアメリカの貨物の難破船が位置しています。深度が浅く、難破船の存在やサンゴ、イソギンチャクやサンゴ礁の魚が多くの生存している、例外的なダイビングサイトになっています。 夜はアメッドにて 11日目 /アメッド - Senaru :ロンボク島への移動 ドライバーで - ガイド付 新しい一日は、移動から始まり私たちを新しい場所が待っています。私たちは、ロンボク島へのフェリーに乗るためにパダン バイに向かいます。ここでは、この島、 Sasaksの住民と会います。ロンボク海峡は、オーストラレーシアの動植物はIndomalesiaのエコリージョン間での伝記部門を通過しマークします。この行はアルフレッド·ラッセル·ウォレスにちなんでウォレス·ラインと名付けをされ、これら2つのゾーン間の違いに最初気付くことができるでしょう。 ロンボクはバリ島のすぐ横にあったとしても、この島は非常に異なっています。仏教寺院は、カラフルなモスクへの道を作り、家族のスクーターはバスよりも存在しています。このまだ静かな未知の島で(観光客のため)、住民は観光客にはあまり慣れていませんが、あなたからの笑顔はすぐにSasaksの住民の顔に反映されます... -12〜15日目/リンジャニ山の登山 ドライバなし - ガイド付 私たちは、リンジャニ山やグヌン·リンジャニ、ロンボク島でまだ活火山をみるために、ロンボクの手付かずの自然の中を4日間のトレッキングに行きます。3726メートルの山頂は、スマトラ島のなかでケリンチ山に次いでインドネシアで二番目に高い山とされています。 リンジャニ山の最後の噴火は1994年でした。火山は部分的に火口が出現しており、そこからセガ湖、半月の形、バルクレーターによって占めカルデラによってできています。火山と湖は1997年に設立された国立公園の一部となっています。 この登山はいくつかのフィットネスのレベルが必要ですが、登山によって別世界の風景を見ることが可能です。私たちは本当に、インドネシアの二番目に高い山をトレッキングしてすべての瞬間を満喫するには時間がかかります。この火山はササックの文化の中での中心的な場所を保持しています。すべての満月、火山のふもとの村のヘッドは山の最上部に供物を配置して火山の安全を確保するために、3726メートルを登ります。 一晩キャンプ 17日目/ ULUWATU:南部を訪問 ドライバー - ガイド付 バリ島南部を訪問するため準備をする。また「タートルアイランド」として知られているSerangan島で朝を迎えます。私たちはバリ人の意志と関与から通じて可能のある亀の保全プログラムに一緒に参加し理解を深めます。 私たちは地元の人が作ってくれた焼き魚の昼食を食べるために、我々はジンバランのビーチに向かいます。次にブキット半島で小さい白い砂浜を発見します。サルとその例外的な場所について知られています。崖上部の高いビューからは、ケチャックダンスを見ながら夕焼けを見るのに最適な場所です。ケチャックは、以前流行になったサンヒャン(トランスダンスで、伝統的なバリのダンスに由来しています。ミュージシャンなしで踊り、ケチャックは男性の叫びや落語の物語によって中断されます。ショーはラーマーヤナ、ヒンドゥー教の基本的な物語の1つの文章です。 夜はサヌールにて - 18日目/:バリ島....ホーム:送迎と家に向けて出発 空港への送迎 離陸2時間前までに素敵な思い出や、心いっぱいのバリ島の国際空港に向かう前に、何を最後にしたいのかを決めてください。

あなたはナショナルジオグラフィックやローカル地形を知ることが大好き地質好きのファンとして、私たちがバリ島とJavaの両方で最も素晴らしい火山を探検しに行くこの素晴らしい旅をお楽しみいただけます。 - 1日目:デンパサール空港に到着 - あなたのホテルへの送迎 あなたはデンパサールのバリから空港にやっと到着しました。私たちのチームのメンバーがあなたを出迎え、あなたのホテルまで送迎いたします。このドライブの間に私たちが最高の条件であなたの旅を始めることが出来るようにするために、あなたに重要な情報を提供していきます。 夜はサヌールにて - 2日目:サヌール:自由行動(ガイドや運転手無し) バリでのあなたの最初のステップのためにこの日楽しんで、この先の旅のために準備をしてください。ホテルや自分の周りには、熟考に適しており、散歩、バリでの初めての出会いを楽しみに時間をかけてください。必要であれば、お金を換金して、地元の食材の最初の味を楽しんで下さい。 夜はサヌールにて - 3日目/ SANUR - ジャ:タナロット、 Perancakの造船所 ドライバー - ガイド付 Javaにバリから渡る日です... 私たちはバリの中で最も有名な寺院の一つでもあるクディリの町へ連れて行きます - プラタナロットを。この寺院は16世紀に建てられ、バリで最も重要な寺院の一つです。海の精霊に捧げ、それは特別に岩の上に位置されていて、唯一の低いtide.The伝説でアクセスロッキーの海岸での数々のウミヘビが、悪魔に対する寺院を保護する方法を教えてくれます。 私たちの第二の休憩地は、伝統的なボートのワークショップを訪問し、数キロはなれたネガラからPerancak の村になります。17世紀、これらの船は、オランダ人の海賊版ブギス、スラウェシによって使用されました。私たちは、 Javaへのフェリーに乗り、Gilimanukへ向かいます。 夜はケタパンにて - 4日目は/ JAVA : Kawahイジェンへの登山 ドライバー - ガイド付 私たちは、イジェン川の2386メートルを登る為に(午前4時前後)早朝にホテルを出発します。忘れられない景色と非常に困難が立ち向かいますが、登っていきます!ほとんどが地獄の口のような火山のクレーターです。これは世界で最も酸性湖であるため、湖の透明な水にだまされてはいけません。火口を埋める硫黄の蒸気が連続的に逃げて空気の臭いを作っています。 ここで硫黄ポーターは一日中動作し続けます。彼らは奈落の底に降りて自分の背面にある百キロのブロックを戻していきます。この作業はタイタニック号を引き上げる事に匹敵する過酷さがあります。そして、とても安全とは言えない状況です。それにもかかわらず、これらの労働者の顔に永久的な笑顔...忘れられない出会いを見ることができます! 午後には、ブロモ、寺院、火山湖、国立公園や、海抜1700メートルの農地上昇美しい風景が豊富な地域にむけて移動します。 夜はブロモにて 5日目 / JAVA :ブロモ山への登山 ドライバー - ガイド付 楽しいハイキングはブロモ山( 2 329メートル)で、今日私たちを待っています。 朝の3時に起きて、午前4時30分に私たちはブロモ火山の山頂で日の出を見るために午前3時30分にはPenjakan火山の頂上に到達し、4×4で登ります(非常に寒いので気をつけてください)。約6時頃、4x4でブロモ山のふもとまで下山します。ここでは、クレーターの内側に自分自身を見つけ、ポニー/馬の背面にある火山( 2 700メートル)のカルデラへの登頂を始めます。登頂中、ほぼ月の上を歩くように感じるところの風景は、幻想的です。硫黄のにおいが厚い白煙が、クレーターをエスケープします。その後、バリに戻るために、数時間の道のりを進みます。私たちはMundukで夜を過ごします。村は、クローブ農園で有名な所です。 夜はMundukにて 6日目 / MUNDUK :プラウルンダヌ - Jatiluwihの水田 ドライバー 、ガイド付 私たちは、ウルンダヌ寺を探索から一日を始めます。この湖畔の寺院は、ダヌに捧げられて、この湖畔の寺院は、ダヌに捧げられており、バリ島の水の湖畔、主権の女神にこの島を肥沃にするアグン山の神と彼女自身を同盟しています。彼らは、女神Danuが神Wisnu、宇宙の保護者の徴候であると言いう言い伝えがあります。 寺院はとても壮大でそれは、それは直接Beratan湖を進むため、巨大なバンヤンの木の中心部は素晴らしい花園に囲まれています(神木、イチジク科の一部)。また、この寺院であなたはバリの魔法を体験し、そこで、宗教が静かに交差します。ちょうど数メートル離れた寺院から、ブッダの像で飾られている好奇心の強い石の仏舎利塔を眺めることができます。 地元の市場の後、Jatiluwihの田んぼに向かいます。その美しさのためだけでなく、農家やすべての宗教的·文化的な儀式のためだけでなく、この水田は、その印象的な棚田で有名で、ユネスコ世界遺産リストにもJatiluwihに乗っています。私たちは、バリ島ウブドの文化の首都での一日を終わります。 夜はウブドにて 7 日目/ウブド:スパ、ショッピングや博物館の自由行動 ドライバー - ガイドなし 東洋と西洋(東と西)との間でのミーティングポイントとしてウブドの運命は、おそらく、ジャワの司祭、RsiのMarkendyaによって密封されました。伝説によると、聖人は瞑想するためにウブドのそばのCampuhanに彼を定住させました。世紀以上にわたりエメラルドの美しさと肥沃な丘はウブドへの王子や芸術家を集めました。 1930年代の王子Tjokordaグデ·アグンスカワティはウォルタースパイやルドルフボンネットのようなアーティストのために彼の宮殿を開きました。世界各国から他のアーティストが芸術的なバリの伝統とのビジョンの技術を組み合わせてやってきて、ウブドは創造で有名な中心地となりました。 これは、バリ文化の資本を発見するために、あなたの一日が自由行動になっています。あなたは、数え切れないほどの美術館やアートギャラリー、有名な温泉やアート市場を訪問することができます。この日は、この街の独特の雰囲気の中に身をおいてみてください。 夜はウブドにて 8日目 /ウブド:市内、 Kertaのgosaとゴアラワを訪問 私たちは、その無数の美術館、アートギャラリーやアーティストバーが世界的に知られるウブドの探索から始まります。私たちの最初の休憩は、ジュリア·ロバーツが映画「食べて、祈って、恋をして」のアートマーケットです。我々はKertaのgosa 、その天井画とKlungkungにおける正義の宮殿への訪問と芸術的な旅を続けています。私たちは、プラゴアラワようなバリにとって重要寺院に立寄り、感激してこの日終わりにします... 最後に、Sidemenへと進み、その小さな農村は広大なアグン山の下部に田に囲まれています。 夜はSidemenにて 9 日目/ Sidemen: Mont Agung登山 本当に朝早く起きて(午前1時)、はあなたの旅行 ― アグン山の登攀 ― で最も身体的につらい旅に出発します。海抜3 142mの高さで、アグン山はバリにあり、オリンパスはギリシャ、神の領域、に達しています。ここでクリシュナを待ち、Visnuおよび生まれ変わりそれらの円を完成バリのためシヴァを待ちます。それは、島の中で最も神聖な場所であります。伝説にでは、山は実際に神々がバリを作るために釣ったゴールデンフィッシュの目であるとされています。火山の両サイドからあなたはプラ·ブサキ、周りに千メートルのバリ島の母寺を見つけることができますーバリ人はこの寺より上で生まれる事も、死ぬ事もしてはならない….. 登山7時間後、壮大な景色があなたをお待ちしております。あなたは太陽の日の出を目撃...一緒にジャワのピークとロンボク島の海岸で、闇が徐々に移動し、島全体が明るくなっていきます... このすばらしい景色のあと、私たちは残りの当然の日が待っているアメッドの小さな漁師村に行きます! 夜はアメッドにて 10日目 / アメッド :自由行動、ダイブの入門(オプション) ガイドなし - ドライバなし - ダイビングガイド付き(オプション) 自分のペースでこの日を楽しみ、アメッドの黒い砂浜でくつろぐことができます。あなたは、シュノーケル、バリ式マッサージを試す、あるいは地元の人々と釣りに行くことができます。バリの水中世界を探検したい人のために、我々はトランベンでの体験ダイビングをオプションにてご用意しています。 トランベンの海岸から数十メートル海中には「 USATリバティ」という 、バリ島とロンボク島の間の海峡に日本の潜水艦による魚雷をうけた140メートルのアメリカの貨物の難破船が位置しています。深度が浅く、難破船の存在やサンゴ、イソギンチャクやサンゴ礁の魚が多くの生存している、例外的なダイビングサイトになっています。 夜はアメッドにて 11日目 /アメッド - Senaru :ロンボク島への移動 ドライバーで - ガイド付 新しい一日は、移動から始まり私たちを新しい場所が待っています。私たちは、ロンボク島へのフェリーに乗るためにパダン バイに向かいます。ここでは、この島、 Sasaksの住民と会います。ロンボク海峡は、オーストラレーシアの動植物はIndomalesiaのエコリージョン間での伝記部門を通過しマークします。この行はアルフレッド·ラッセル·ウォレスにちなんでウォレス·ラインと名付けをされ、これら2つのゾーン間の違いに最初気付くことができるでしょう。 ロンボクはバリ島のすぐ横にあったとしても、この島は非常に異なっています。仏教寺院は、カラフルなモスクへの道を作り、家族のスクーターはバスよりも存在しています。このまだ静かな未知の島で(観光客のため)、住民は観光客にはあまり慣れていませんが、あなたからの笑顔はすぐにSasaksの住民の顔に反映されます... -12〜15日目/リンジャニ山の登山 ドライバなし - ガイド付 私たちは、リンジャニ山やグヌン·リンジャニ、ロンボク島でまだ活火山をみるために、ロンボクの手付かずの自然の中を4日間のトレッキングに行きます。3726メートルの山頂は、スマトラ島のなかでケリンチ山に次いでインドネシアで二番目に高い山とされています。 リンジャニ山の最後の噴火は1994年でした。火山は部分的に火口が出現しており、そこからセガ湖、半月の形、バルクレーターによって占めカルデラによってできています。火山と湖は1997年に設立された国立公園の一部となっています。 この登山はいくつかのフィットネスのレベルが必要ですが、登山によって別世界の風景を見ることが可能です。私たちは本当に、インドネシアの二番目に高い山をトレッキングしてすべての瞬間を満喫するには時間がかかります。この火山はササックの文化の中での中心的な場所を保持しています。すべての満月、火山のふもとの村のヘッドは山の最上部に供物を配置して火山の安全を確保するために、3726メートルを登ります。 一晩キャンプ 17日目/ ULUWATU:南部を訪問 ドライバー - ガイド付 バリ島南部を訪問するため準備をする。また「タートルアイランド」として知られているSerangan島で朝を迎えます。私たちはバリ人の意志と関与から通じて可能のある亀の保全プログラムに一緒に参加し理解を深めます。 私たちは地元の人が作ってくれた焼き魚の昼食を食べるために、我々はジンバランのビーチに向かいます。次にブキット半島で小さい白い砂浜を発見します。サルとその例外的な場所について知られています。崖上部の高いビューからは、ケチャックダンスを見ながら夕焼けを見るのに最適な場所です。ケチャックは、以前流行になったサンヒャン(トランスダンスで、伝統的なバリのダンスに由来しています。ミュージシャンなしで踊り、ケチャックは男性の叫びや落語の物語によって中断されます。ショーはラーマーヤナ、ヒンドゥー教の基本的な物語の1つの文章です。 夜はサヌールにて - 18日目/:バリ島....ホーム:送迎と家に向けて出発 空港への送迎 離陸2時間前までに素敵な思い出や、心いっぱいのバリ島の国際空港に向かう前に、何を最後にしたいのかを決めてください。

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.