loading
ホームパンジャブの観光スポット

アムリッツァでGurdwara(シーク教寺院)とDhaba体験ツアー(1泊2日)

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア

詳細

内面の美しさを教えてくれるシーク教を理解できる体験です。 頭にターバンと髭が特徴のシーク教ですが、彼らはなぜ髪を他人に見せないのか。なぜカースト制度を否定しているのか。などなどシーク教に縁のある寺院、食事を通して理解を深めることができます。そして、インドとパキスタン間の唯一の国境検問所も訪問します。 まず、古い大邸宅にチェックインし、私たちのガイドと集合です。ガイドはパンジャブ文化の専門家で、さまざまな逸話やトリビアをお話しながら、これからのアムリッツァーの旅のご案内をしていきます。 最初の訪問地はゴールデン・テンプルでの朝の拝礼です。この寺院はシーク教の最も古く重要な寺院のひとつで、その美しい構造と豊かな精神性で知られています。それだけでなく、この寺院はまた、併設された「Langar(寺院の簡易食堂)」でも有名で、ここではシーク教徒であれ他教徒であれ、お腹をすかせたすべての訪問者に食べ物を提供してくれます。私たちも、礼拝のGurbaniを聞いた後に、このLangarを訪問します。 その後、旧市街を散歩します。オールドバザーを通り、古い建築物やフレスコ画を見たりしながら、この寺町の歴史を見学します。そしてJallianwalah Baghへ向かいます。それから遅い朝食をDhaba(食堂)でいただきましょう。スポンジのようにソフトなAloo Kulchas(クルチャ生地にスパイシーに味付けしたジャガイモを挟んだもの)、sarson ka saag(ほうれん草のカレー) や makki ki roti(トウモロコシの粉で作ったロティ), アムリッツァの甘いラッシーなどなど。その後、Wagahの国境地帯へ向かう前に、ホテルに戻って少し休憩を取ります。 アムリッツァから28kmの地点にあるWagahは、インドとパキスタン間の唯一の国境検問所です。夕刻、インド側の国境でBSFの「退却式」が見られたら、興味深い経験になるでしょう。また、国境線に面した両側の村の人々の生活を観察します。 シーク寺院での夜の礼拝が見られるかもしれません。夕食はホテルで取ります。 2日目は、早めの朝食を取り、Goindwal Sahib へ出発します。この寺院はシーク教の初期の中心地として有名です。その後、Kapurthalaのマハラジャのflambuoyant宮殿を訪問します。フランスの建築家によって設計され、現地の建設会社が建てたこの宮殿は、200エイカーにもわたる敷地に、ベルサイユ式の壮麗な建築様式を誇っています。 帰りに、ムガール帝国軍の青い制服の特攻隊だったシーク教Nihang派が暮らす村を訪問します。彼らの日々の生活や、武道の訓練を見たり、話してみたりしましょう。 このようなさまざまなパンジャブの豊かな文化遺産を一緒に体験してみませんか。

内面の美しさを教えてくれるシーク教を理解できる体験です。 頭にターバンと髭が特徴のシーク教ですが、彼らはなぜ髪を他人に見せないのか。なぜカースト制度を否定しているのか。などなどシーク教に縁のある寺院、食事を通して理解を深めることができます。そして、インドとパキスタン間の唯一の国境検問所も訪問します。 まず、古い大邸宅にチェックインし、私たちのガイドと集合です。ガイドはパンジャブ文化の専門家で、さまざまな逸話やトリビアをお話しながら、これからのアムリッツァーの旅のご案内をしていきます。 最初の訪問地はゴールデン・テンプルでの朝の拝礼です。この寺院はシーク教の最も古く重要な寺院のひとつで、その美しい構造と豊かな精神性で知られています。それだけでなく、この寺院はまた、併設された「Langar(寺院の簡易食堂)」でも有名で、ここではシーク教徒であれ他教徒であれ、お腹をすかせたすべての訪問者に食べ物を提供してくれます。私たちも、礼拝のGurbaniを聞いた後に、このLangarを訪問します。 その後、旧市街を散歩します。オールドバザーを通り、古い建築物やフレスコ画を見たりしながら、この寺町の歴史を見学します。そしてJallianwalah Baghへ向かいます。それから遅い朝食をDhaba(食堂)でいただきましょう。スポンジのようにソフトなAloo Kulchas(クルチャ生地にスパイシーに味付けしたジャガイモを挟んだもの)、sarson ka saag(ほうれん草のカレー) や makki ki roti(トウモロコシの粉で作ったロティ), アムリッツァの甘いラッシーなどなど。その後、Wagahの国境地帯へ向かう前に、ホテルに戻って少し休憩を取ります。 アムリッツァから28kmの地点にあるWagahは、インドとパキスタン間の唯一の国境検問所です。夕刻、インド側の国境でBSFの「退却式」が見られたら、興味深い経験になるでしょう。また、国境線に面した両側の村の人々の生活を観察します。 シーク寺院での夜の礼拝が見られるかもしれません。夕食はホテルで取ります。 2日目は、早めの朝食を取り、Goindwal Sahib へ出発します。この寺院はシーク教の初期の中心地として有名です。その後、Kapurthalaのマハラジャのflambuoyant宮殿を訪問します。フランスの建築家によって設計され、現地の建設会社が建てたこの宮殿は、200エイカーにもわたる敷地に、ベルサイユ式の壮麗な建築様式を誇っています。 帰りに、ムガール帝国軍の青い制服の特攻隊だったシーク教Nihang派が暮らす村を訪問します。彼らの日々の生活や、武道の訓練を見たり、話してみたりしましょう。 このようなさまざまなパンジャブの豊かな文化遺産を一緒に体験してみませんか。

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.