ムンバイで「白人の街」といわれた城塞の中を歩く

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 330
loading
ホームマハラシュトラの観光スポット

このウォーキング・ツアーでは、昔の要塞のあった地区の中心部をご案内します。「白人の街」といわれた城塞の中のヨーロッパ人居住地区を探索してみましょう。 ・ツアーはF.W.Stevensのネオゴシック様式の傑作であるChatrapati Shivaji Terminus駅(別名 ビクトリア・ターミナス駅)から始まります。 ・そしてムンバイの「遺産の道」とも呼ばれるD.N.Roadを歩き、この街の最も古く、大英帝国時代の名残を残す地区を見ながら、華麗なFlora の泉に到着します。ここでは、しばしムンバイの一番賑やかな地域の雰囲気を味わってみましょう。 ・次に、そこからすぐの歴史的アートエリアで、ゴシック建築とギャラリーが多く軒を並べるKala Ghoda地区を訪ねます。 ・それから、Oval Maidanへと移動しましょう。この一帯は、Old Secretariat、大学図書館、Convocation Hall, 高等裁判所、PWDビル、通信局などの重厚な建築が連なり、さながら重量級の帝国艦隊が並ぶような威容を醸し出しており、これらの建築群は、ムンバイを代表する景観を形づくっています。 ・最後に、Veer Nariman Road(旧Churchgate通り)をMarine Driveまで散歩しながら、ムンバイのシンボルともいえるすばらしいアールデコ様式の街並みを楽しみながらツアーは終了です。 【ボンベイとチャーチゲートに関して】チャールズ2世は、1661年にポルトガルのカタリナ王女との結婚の際に持参金として受け取った島である「ボンベイ島」がどこにあるか関心を払ってもいませんでした。ですから、東インド会社がこれらの島を所有しようと、チャールズ二世にもちかけた時、彼は喜んでこれを賃貸させました。1668年までにボンベイの7つの島すべてが東インド会社の管理下におかれるようになり、ここから東インド会社による一大事業が始まることとなったのです。まず海からの外敵を防ぐため、町を城塞で囲み、次に東インド会社がしたことは、彼らの正統性と帝国主義の力とを原住民たちに示すための立派な建築物を建設することでした。そして、次々と目的にかなった建築物を建設し始めました。祈りを捧げるための大聖堂、行政のための市庁舎、教育のための大学、建築家F.W. Stevensによる傑作である巨大な駅、そして最も注目すべきは、大英帝国王陛下の訪問を記念する凱旋門の建築でした。これらの建設事業は、大英帝国総督、Mountstuart Elphinstone卿らの指揮によるもので、その過程で技術は磨かれ、学術的な議論も確立されていきました。

このウォーキング・ツアーでは、昔の要塞のあった地区の中心部をご案内します。「白人の街」といわれた城塞の中のヨーロッパ人居住地区を探索してみましょう。 ・ツアーはF.W.Stevensのネオゴシック様式の傑作であるChatrapati Shivaji Terminus駅(別名 ビクトリア・ターミナス駅)から始まります。 ・そしてムンバイの「遺産の道」とも呼ばれるD.N.Roadを歩き、この街の最も古く、大英帝国時代の名残を残す地区を見ながら、華麗なFlora の泉に到着します。ここでは、しばしムンバイの一番賑やかな地域の雰囲気を味わってみましょう。 ・次に、そこからすぐの歴史的アートエリアで、ゴシック建築とギャラリーが多く軒を並べるKala Ghoda地区を訪ねます。 ・それから、Oval Maidanへと移動しましょう。この一帯は、Old Secretariat、大学図書館、Convocation Hall, 高等裁判所、PWDビル、通信局などの重厚な建築が連なり、さながら重量級の帝国艦隊が並ぶような威容を醸し出しており、これらの建築群は、ムンバイを代表する景観を形づくっています。 ・最後に、Veer Nariman Road(旧Churchgate通り)をMarine Driveまで散歩しながら、ムンバイのシンボルともいえるすばらしいアールデコ様式の街並みを楽しみながらツアーは終了です。 【ボンベイとチャーチゲートに関して】チャールズ2世は、1661年にポルトガルのカタリナ王女との結婚の際に持参金として受け取った島である「ボンベイ島」がどこにあるか関心を払ってもいませんでした。ですから、東インド会社がこれらの島を所有しようと、チャールズ二世にもちかけた時、彼は喜んでこれを賃貸させました。1668年までにボンベイの7つの島すべてが東インド会社の管理下におかれるようになり、ここから東インド会社による一大事業が始まることとなったのです。まず海からの外敵を防ぐため、町を城塞で囲み、次に東インド会社がしたことは、彼らの正統性と帝国主義の力とを原住民たちに示すための立派な建築物を建設することでした。そして、次々と目的にかなった建築物を建設し始めました。祈りを捧げるための大聖堂、行政のための市庁舎、教育のための大学、建築家F.W. Stevensによる傑作である巨大な駅、そして最も注目すべきは、大英帝国王陛下の訪問を記念する凱旋門の建築でした。これらの建設事業は、大英帝国総督、Mountstuart Elphinstone卿らの指揮によるもので、その過程で技術は磨かれ、学術的な議論も確立されていきました。

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.