loading
ホームマハラシュトラの観光スポット

村の生活体験(ゴア、インド)

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア

詳細

4日間で村の生活を体験してみる体験ツアーです。インドの村生活とはどんなものでしょう?panchayat、村のお寺や井戸、学校など、村にはコミュニティーがあり、それぞれの役割を果たしています。この体験ツアーでは、村社会のしくみを理解し、実際に生活して頂けます。 日程詳細 1日目: Sawantwadi到着 ホストファミリーがインドの伝統的な花輪とティッカで歓迎してくれます。宿帳を書いたら部屋へどうぞ。荷物をおろして一休み、ホストファミリーとあいさつして仲良くなったあと、ともにランチを取ります。しばらくゆっくりして午後のお茶の後、Sawantwadi宮殿を訪問します。都合があえば、女王と交流する機会もあります。その後、マーケットとChitari galli(芸術家通り)を散歩します。ホストファミリー手作りの夕食を頂いた後、リラックスして就寝です。 2日目:村の道 早起きしてAmboliジャングルのネイチャー・トレイルを歩いてみましょう。その後、近くの伝統的な家での朝食を取ります。ホームステイ宅へ戻ってから、午前中はRangoliの芸術家たちと交流する時間です。Rangoliとは、カラーパウダーで造形するアートで、アーティストたちがが時間とともにデザインがどのように変化していくかを見せてくれます。ランチの後、村の中を案内します。村のしくみとさまざまなメカニズムについて学ぶ機会です。村の中心人物と会って話をし、女性の経済的自立のための自助グループと交流する機会があります。地元の女性グループとお茶を飲んだあと、伝統的な花輪づくりの様子を見学し、ホームステイ宅へ戻ります。 3日目:人形づくりの村 朝食後、フルーツの研究所を訪れ、さまざまな種類のフルーツを見学します。帰り路にカシューナッツ工場で、加工の様子を見学します(購入も可能です)。ホームステイ宅で昼食とお茶をいただいた後、Pinguli族の人形づくり村を訪れます。村のアートギャラリーを楽しんでから帰宅します。夕食は薪でつくった伝統的な食事をホームステイ宅でいただきます。 4日目:Sawantwadiへ出発 この日もゆっくり起きて、ホストファミリーと朝食をとってください。その後、荷物をまとめて、お世話になったホストファミリーに別れを告げ、次の旅にむけて帰路 につきます。きっとたくさんの思い出を持って帰れることと思います。

4日間で村の生活を体験してみる体験ツアーです。インドの村生活とはどんなものでしょう?panchayat、村のお寺や井戸、学校など、村にはコミュニティーがあり、それぞれの役割を果たしています。この体験ツアーでは、村社会のしくみを理解し、実際に生活して頂けます。 日程詳細 1日目: Sawantwadi到着 ホストファミリーがインドの伝統的な花輪とティッカで歓迎してくれます。宿帳を書いたら部屋へどうぞ。荷物をおろして一休み、ホストファミリーとあいさつして仲良くなったあと、ともにランチを取ります。しばらくゆっくりして午後のお茶の後、Sawantwadi宮殿を訪問します。都合があえば、女王と交流する機会もあります。その後、マーケットとChitari galli(芸術家通り)を散歩します。ホストファミリー手作りの夕食を頂いた後、リラックスして就寝です。 2日目:村の道 早起きしてAmboliジャングルのネイチャー・トレイルを歩いてみましょう。その後、近くの伝統的な家での朝食を取ります。ホームステイ宅へ戻ってから、午前中はRangoliの芸術家たちと交流する時間です。Rangoliとは、カラーパウダーで造形するアートで、アーティストたちがが時間とともにデザインがどのように変化していくかを見せてくれます。ランチの後、村の中を案内します。村のしくみとさまざまなメカニズムについて学ぶ機会です。村の中心人物と会って話をし、女性の経済的自立のための自助グループと交流する機会があります。地元の女性グループとお茶を飲んだあと、伝統的な花輪づくりの様子を見学し、ホームステイ宅へ戻ります。 3日目:人形づくりの村 朝食後、フルーツの研究所を訪れ、さまざまな種類のフルーツを見学します。帰り路にカシューナッツ工場で、加工の様子を見学します(購入も可能です)。ホームステイ宅で昼食とお茶をいただいた後、Pinguli族の人形づくり村を訪れます。村のアートギャラリーを楽しんでから帰宅します。夕食は薪でつくった伝統的な食事をホームステイ宅でいただきます。 4日目:Sawantwadiへ出発 この日もゆっくり起きて、ホストファミリーと朝食をとってください。その後、荷物をまとめて、お世話になったホストファミリーに別れを告げ、次の旅にむけて帰路 につきます。きっとたくさんの思い出を持って帰れることと思います。