loading
ホームマハラシュトラの観光スポット

ムンバイのなりたちを探るフォート地区歴史ウォーク

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア

詳細

このウォークツアーでは、アポロ門からFront Bayへと、古いフォート地区の北部をまわり、ムンバイの街が存在しなかった350年前に遡ってムンバイ誕生の軌跡をたどってみます。 ・ウォークツアーはヨーロッパ・ルネサンス様式のBallard Estate ビジネス地区から始まります。   ここはビクトリア時代のロンドンにも似た、完璧に形成された街区です。 ・次に、有名な市庁舎(Town Hall)や周辺の壮観な建築物を見学します。   ここにはムンバイ・アジア協会図書館やHorniman Circle Gardenも入居しています。 ・Flora Fountain Circleへは、ロンドンのピカデリーサーカスにも似た、特徴のある道を通っていきます。275年の歴史を誇る、ボンベイ島の最も初期の建築物であるインド海軍ドックヤードを見学します。 ・最後に、ツアーは世界的にも有名なGateway of India を通り、伝説のタージ・マハル・ホテルで終わります。 1661年、ポルトガルのカタリナ王女がイギリスのチャールズ2世と結婚する際、ボンベイは持参金としてイギリス側に委譲されました。ポルトガルにとってボンベイは使い道のない島でした。チャールズ2世はこの島を全く気にもかけていませんでしたが、東インド会社が、ボンベイの天然の良港としての重要性に目を付けました。150隻の船が入港できるほどの十分な深さを持ち、インド本土に対しての天然の要塞となる地形であることから、ボンベイは東インド会社には最適の土地でした。東インド会社が王室から年間10ポンドで借り受けたボンベイは、こうして輝かしい歴史の幕を開けました。ぜひ、このウォークでボンベイの歴史を感じてみてください。

このウォークツアーでは、アポロ門からFront Bayへと、古いフォート地区の北部をまわり、ムンバイの街が存在しなかった350年前に遡ってムンバイ誕生の軌跡をたどってみます。 ・ウォークツアーはヨーロッパ・ルネサンス様式のBallard Estate ビジネス地区から始まります。   ここはビクトリア時代のロンドンにも似た、完璧に形成された街区です。 ・次に、有名な市庁舎(Town Hall)や周辺の壮観な建築物を見学します。   ここにはムンバイ・アジア協会図書館やHorniman Circle Gardenも入居しています。 ・Flora Fountain Circleへは、ロンドンのピカデリーサーカスにも似た、特徴のある道を通っていきます。275年の歴史を誇る、ボンベイ島の最も初期の建築物であるインド海軍ドックヤードを見学します。 ・最後に、ツアーは世界的にも有名なGateway of India を通り、伝説のタージ・マハル・ホテルで終わります。 1661年、ポルトガルのカタリナ王女がイギリスのチャールズ2世と結婚する際、ボンベイは持参金としてイギリス側に委譲されました。ポルトガルにとってボンベイは使い道のない島でした。チャールズ2世はこの島を全く気にもかけていませんでしたが、東インド会社が、ボンベイの天然の良港としての重要性に目を付けました。150隻の船が入港できるほどの十分な深さを持ち、インド本土に対しての天然の要塞となる地形であることから、ボンベイは東インド会社には最適の土地でした。東インド会社が王室から年間10ポンドで借り受けたボンベイは、こうして輝かしい歴史の幕を開けました。ぜひ、このウォークでボンベイの歴史を感じてみてください。