美しい!ヒマラヤ・ラダックを車で体験するツアー

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア
ID: 413
loading
ホームヒマラヤの観光スポット

ラダック地方は最後のフロンティアともよばれ、古来より中央アジアと中国を結ぶ交易の道として重要で、今でもその名残を見ることができます。今日ではラダックはパキスタンと中国の国境として重要でもあり、さまざまな文化の影響を見ることができます。ラダックにはインダス川(インドの名前の由来)の源流もあります。夏にはラダックで多くの祭りが催されるので、それを見ようと大勢の観光客が訪れます。この荒涼としたラダック地方では観光は経済の重要な部分を担っているといえます。 我々は身体障害者とその家族が、自分たちの生活を向上させるための仕事をするための組織です。彼らは障害者であることがチャリティーの対象になるのではなく、経済のメインストリームとして働くことを希望しており、そこでこの「車でヒマラヤ体験ツアー」が誕生したというわけです。ラダックでは、希望に応じて現地の家族と過ごす機会もありますし、身体的な動きに制限があるゲストにもできるようなアクティビティーも用意しています。 以下のように日程の一例をあげてみますが、あなたの興味に合わせて内容はアレンジします。 1日目:Lehに到着し、高度に慣れるためホテルで休息。高山病(HAS)の発症には、年齢、性別、体力との相関性はありませんので、誰でも一日目はリラックスして過ごすのが一番です。もしも頭痛、吐き気、幻覚といった症状がでた場合には、必ずチームにその旨を伝えて医療的なサポートを受けるようにしてください。Lehの医者は高山病患者への対処に慣れていますし、治療方法としては、ただ酸素を供給したり、高度を下げるという場合もあります。 2日目: Sham村に向かい、西に進路を取ります。途中でこれらの場所に立ち寄ることが可能です。・・・Gurudwara Patthar Sahib, インダス川とザンカー川の合流点、この地域で最古のAlchi 修道院など。夜にはUley Tokpoリゾートに宿泊。このリゾートは果樹園の中にあり、眼下にインダス川の流れを見ることができます。 3日目: 近隣の村へのトレッキングか、Lehへ戻るか、どちらでも選択できます。Lehに戻る場合には、次の場所に立ち寄ることができます。・・・Likir修道院、SECMOL、Hall of Fame博物館(偉人の殿堂)。SECMOLとは、この地域の社会問題に関わるNGO団体で、訪問すると教育についての改革と太陽発電に関する仕事について説明をしてくれます。博物館は元々陸軍によって設立され、この地域の歴史をたどることができるものです。夜はLehに戻って宿泊。 4日目: この日はLehで過ごすので、朝は好きな時間からの活動です。Shanti Stupa, Shey Gompa, Choglamsarなど、Lehの修道院をまわってみるのもいいですね。Choglamsarはチベット人の居住地で、観光客はあまり来ていない場所です。修道僧はもし興味があれば、いろいろなディスカッションをしてくれます。もしご希望なら、この日はラダック地元の家族と過ごし、仕事を手伝ったり、料理を習ってみるなどのオプションもあります。その場合には手配がありますので、事前にお知らせください。 5日目: Pangong湖に向かい、途中Sindu Darshanに寄ります。車で通行可能な道のうち世界で3番目に高いというChangla Passを通ります。Pangong湖のほとりで宿泊。 6日目: 日の出を見に起きて、湖のそばでゆっくり時間を過ごしてみましょう。10時ごろからLehに戻ります。我々が迎えに来ます。その後、LehのマーケットにあるPAGIRの店、Junkgwa Shrunkyobも訪れることができます。 7日目: 体験ツアーの終了・・・帰国されたら美しい写真や旅日記を、私たちに送ってくださいね

ラダック地方は最後のフロンティアともよばれ、古来より中央アジアと中国を結ぶ交易の道として重要で、今でもその名残を見ることができます。今日ではラダックはパキスタンと中国の国境として重要でもあり、さまざまな文化の影響を見ることができます。ラダックにはインダス川(インドの名前の由来)の源流もあります。夏にはラダックで多くの祭りが催されるので、それを見ようと大勢の観光客が訪れます。この荒涼としたラダック地方では観光は経済の重要な部分を担っているといえます。 我々は身体障害者とその家族が、自分たちの生活を向上させるための仕事をするための組織です。彼らは障害者であることがチャリティーの対象になるのではなく、経済のメインストリームとして働くことを希望しており、そこでこの「車でヒマラヤ体験ツアー」が誕生したというわけです。ラダックでは、希望に応じて現地の家族と過ごす機会もありますし、身体的な動きに制限があるゲストにもできるようなアクティビティーも用意しています。 以下のように日程の一例をあげてみますが、あなたの興味に合わせて内容はアレンジします。 1日目:Lehに到着し、高度に慣れるためホテルで休息。高山病(HAS)の発症には、年齢、性別、体力との相関性はありませんので、誰でも一日目はリラックスして過ごすのが一番です。もしも頭痛、吐き気、幻覚といった症状がでた場合には、必ずチームにその旨を伝えて医療的なサポートを受けるようにしてください。Lehの医者は高山病患者への対処に慣れていますし、治療方法としては、ただ酸素を供給したり、高度を下げるという場合もあります。 2日目: Sham村に向かい、西に進路を取ります。途中でこれらの場所に立ち寄ることが可能です。・・・Gurudwara Patthar Sahib, インダス川とザンカー川の合流点、この地域で最古のAlchi 修道院など。夜にはUley Tokpoリゾートに宿泊。このリゾートは果樹園の中にあり、眼下にインダス川の流れを見ることができます。 3日目: 近隣の村へのトレッキングか、Lehへ戻るか、どちらでも選択できます。Lehに戻る場合には、次の場所に立ち寄ることができます。・・・Likir修道院、SECMOL、Hall of Fame博物館(偉人の殿堂)。SECMOLとは、この地域の社会問題に関わるNGO団体で、訪問すると教育についての改革と太陽発電に関する仕事について説明をしてくれます。博物館は元々陸軍によって設立され、この地域の歴史をたどることができるものです。夜はLehに戻って宿泊。 4日目: この日はLehで過ごすので、朝は好きな時間からの活動です。Shanti Stupa, Shey Gompa, Choglamsarなど、Lehの修道院をまわってみるのもいいですね。Choglamsarはチベット人の居住地で、観光客はあまり来ていない場所です。修道僧はもし興味があれば、いろいろなディスカッションをしてくれます。もしご希望なら、この日はラダック地元の家族と過ごし、仕事を手伝ったり、料理を習ってみるなどのオプションもあります。その場合には手配がありますので、事前にお知らせください。 5日目: Pangong湖に向かい、途中Sindu Darshanに寄ります。車で通行可能な道のうち世界で3番目に高いというChangla Passを通ります。Pangong湖のほとりで宿泊。 6日目: 日の出を見に起きて、湖のそばでゆっくり時間を過ごしてみましょう。10時ごろからLehに戻ります。我々が迎えに来ます。その後、LehのマーケットにあるPAGIRの店、Junkgwa Shrunkyobも訪れることができます。 7日目: 体験ツアーの終了・・・帰国されたら美しい写真や旅日記を、私たちに送ってくださいね

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.