loading
ホームデリーの観光スポット

メーラウリー遺跡徒歩観光

Voyagin認定お気に入りへ追加
シェア

詳細

10世紀に渡って構築されたデリーにある世界の7不思議のひとつとされるメローリーの遺跡公園を徒歩で観光します。 1562年に建てられたアカバールの里親であるアダムカーン廟、13世紀初期に住民の生活用水の摂取手段として掘られたとされている階段井戸ガンダキオーリ、 15世紀後期から16世紀始めに立てられた霊廟、1516年にフリーメーソンが作ったとされる階段井戸リホン・キ・バオリ(1910年代初期に彼らが代替の宿泊施設を見つけるまで隣接のモスクに住んでいたとされる。 19世紀中盤に建築されたメトカーフ橋 、16世紀に建てられたクゥーリカーン廟 ディルクシャと名前を変更し1813-1853の間にデリーに在住していたイギリス人のトーマス テオ フィロス メトカーフの夏の避暑地となり、その地にゲストハウスを構築した。 徒歩での観光のしめくくりは天井の化粧漆喰は後世に影響を与えた息を呑むほどの美しさを誇る.Sheikh Fazl-Ullahの霊廟とアーチとドームを始めて組み合わせたギャースッディーン・バルバの霊廟をご案内します。 このウォーキングツアーを通して先住民と中央アジアの2つの全く違った伝統の建築と細部装飾が緩やかに混ざり合った様子を目にすることができます

10世紀に渡って構築されたデリーにある世界の7不思議のひとつとされるメローリーの遺跡公園を徒歩で観光します。 1562年に建てられたアカバールの里親であるアダムカーン廟、13世紀初期に住民の生活用水の摂取手段として掘られたとされている階段井戸ガンダキオーリ、 15世紀後期から16世紀始めに立てられた霊廟、1516年にフリーメーソンが作ったとされる階段井戸リホン・キ・バオリ(1910年代初期に彼らが代替の宿泊施設を見つけるまで隣接のモスクに住んでいたとされる。 19世紀中盤に建築されたメトカーフ橋 、16世紀に建てられたクゥーリカーン廟 ディルクシャと名前を変更し1813-1853の間にデリーに在住していたイギリス人のトーマス テオ フィロス メトカーフの夏の避暑地となり、その地にゲストハウスを構築した。 徒歩での観光のしめくくりは天井の化粧漆喰は後世に影響を与えた息を呑むほどの美しさを誇る.Sheikh Fazl-Ullahの霊廟とアーチとドームを始めて組み合わせたギャースッディーン・バルバの霊廟をご案内します。 このウォーキングツアーを通して先住民と中央アジアの2つの全く違った伝統の建築と細部装飾が緩やかに混ざり合った様子を目にすることができます

異文化体験をもっと身近にする - Voyagin(ボヤジン)は旅を最高の思い出にする旅行体験を探せるサイトです。

© 2018 Voyagin, Inc. All Rights Reserved.